Angel Eyes

整形の費用で分かる医院の違い【びっくり二重EYE】

Topic

アフターケアについて

アフターケアの大事さ

メイクセット

美容整形は、施術自体だけでなく全体の流れも非常に大事な物です。
たとえば施術前のカウンセリングや打ち合わせは、自分の悩みを的確に解決して、理想の二重まぶたにすることに繋がる大事な時間です。
同じように、アフターケアも非常に大事です。
アフターケアとはその名の通り、美容整形後に行う患部のケアのことです。このアフターケアを行うことで、手術後の腫れや痛み、内出血などの症状を抑えて、早めに治めることができます。

二重の施術のアフターケア

二重まぶたの施術の後にも、もちろんアフターケアを行う必要があります。
二重まぶたの施術の中には、埋没法のように痛みや腫れ、内出血といったダウンタイムがほとんどでないものもありますが、それは埋没法がメスを入れない施術だからです。埋没法以外の施術、例えば「部分切開法」や「全切開法」などは、メスを入れてまぶたを切開する整形方法なため、必ずダウンタイムが出ます。したがって、それらの施術方法を選択した場合は、必ずアフターケアを行うようにしましょう。

症状別に対するアフターケア

たとえば、「腫れ」にたいしては手術して3日の間、冷やしたタオルやアイスノンなどを使って患部を冷やしましょう。アイスノンや氷袋は、ハンカチやタオルでくるんでから使用し、患部に直接当てないようにすることが大事です。内出血が出た場合は、腫れが十分に引いた後、患部を温かいタオルなどで温めることが大事です。このとき、腫れがまだ残っている場合はしばらく様子をみましょう。タオルをお湯で濡らしたり、濡れタオルを電子レンジで数秒温めたりするなどして、温タオルを作りましょう。