部分切開の方法 | 整形の費用で分かる医院の違い【びっくり二重EYE】
Angel Eyes

整形の費用で分かる医院の違い【びっくり二重EYE】

Topic

部分切開の方法

一部分を切開する

ガッツポーズ

二重まぶたの美容整形には、「メスをまぶたに入れて切開する方法」と、「メスを入れずに二重まぶたにする方法」の2つに分けることができます。前者の施術法の1つに、今回紹介する部分切開法があります。
部分切開法は、別名で「ミニ切開法」とも呼ばれている施術です。
そんな部分切開は、その施術名の通り「二重まぶたの予定線を、ほんのいち部分だけ切開して二重まぶたを作る」施術です。「埋没法だと、糸が切れてしまって一重に戻ってしまう」という人や、「埋没法だとまぶたの脂肪が取れないけど、全切開まではしたくない」という人にオススメの施術です。

部分切開法の特徴

部分切開法は、二重まぶたの予定線を1センチから2センチほど切開し、その後内部処理を行ってから縫い合わせていき、二重まぶたにしていきます。施術の時間は約20分ほどで済みます。
この部分切開法の最大の特徴は、半永久的に二重まぶたを維持することが出来るという点です。
埋没法だと、切開せずに糸で縫い合わせるので安全度が高く手軽な代わりに、糸が切れると二重まぶたに戻ってしまうといった特徴がありました。そのため、半永久的な二重まぶたを希望する人には向かない施術だったのです。それに対して部分切開法は、一重まぶたに戻ってしまう心配がありません。
半永久的に二重まぶたになりたい人、まぶたの脂肪を少し取り除きたいと考えている人は、この部分切開法を選ぶとよいでしょう。