全切開法とは | 整形の費用で分かる医院の違い【びっくり二重EYE】
Angel Eyes

整形の費用で分かる医院の違い【びっくり二重EYE】

Topic

全切開法とは

全切開法の特徴

女性

二重まぶたの美容整形は、それぞれの悩みや希望にあった施術方法を選ぶことが大事です。
たとえば、「手軽に二重になりたい」、「痛みが少ない、安全な方法で二重になりたい」と考えている人には、埋没法が向いていますし、「全切開はしたくないけど、半永久的に二重まぶたになりたい」と考えている人には部分切開法が向いています。
この「埋没法」、「部分切開法」ではまぶたの脂肪が十分に取れなかったという人、または「よりハッキリとした眼力のある二重まぶたになりたい」と考えている人には、「全切開法」がオススメです。今回は、その全切開法のさまざまな特徴について紹介していきます。

どんな施術なのかを知ろう

全切開法は、二重まぶたの美容整形法の中でももっともはっきりとした二重まぶたが形成できる施術です。まぶたの脂肪が多く非常に腫れぼったくなっている人でも、全切開法ならその脂肪をスッキリと除去して綺麗な二重まぶたにすることができます。全切開法では、まず二重まぶたの予定線を全切開します。その後、まぶたの余分な脂肪を丁寧に除去した後、縫い合わせていきます。全切開法の施術時間は約30分程度で、施術後に一重まぶたに戻ってしまうという心配もありません。
全切開法を行うことによって、非常に腫れぼったかったまぶたぼ脂肪がすっきりとし、より大きな二重まぶたになることができます。

ダウンタイムについて

この全切開法のダウンタイムは、強い腫れが約1周間から2週間ほど続きます。
これらのダウンタイムを抑えるためのアフターケアはしっかりと行うことが大事です。